ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 介護障がいグループ > 軽・中等度難聴児の補聴器購入・修理

本文

軽・中等度難聴児の補聴器購入・修理

更新日:2019年9月13日更新

平成28年4月1日より、身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴のお子さんに対し、補聴器の購入費などの1部を助成します。

支給要件

次の要件をすべて満たす方

  1. 住所が市内にある18歳以下の方
    (18歳に達した日の属する年度の3月31日まで有効)
  2. 両耳の聴力レベルが30db以上の方
  3. 身体障害者手帳の交付対象とならない方
  4. 医師が補聴器装用の必要性を認める方
  5. 市民税所得割額が46万円未満の世帯

助成額

購入に要する費用の3分の2の額(1,000円未満切り捨て)
※基準額は補聴器の種類によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

助成対象補聴器

補装具で対象となっている品目

手続き等

必要なもの

  1. 購入費等助成申請書[PDFファイル/47KB]
  2. 医師意見書(修理の場合は不要)[PDFファイル/59KB]
  3. 事業者からの見積書 ※事業者は市に登録が必要です
  4. 印鑑

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)