ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉まるごと相談グループ > DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

本文

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

更新日:2019年9月13日更新

配偶者や事実上婚姻関係と同様の事情にある者などからの暴力(身体的・精神的)に悩んでいる方、ひとりで悩まずに、ご相談ください(相談内容に関する秘密は守られます)。

ひとりで悩んでいませんか。

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは

「ドメスティック・バイオレンス」とは英語の「domestic violence」をカタカナで表記したものです。略して「DV」と呼ばれることもあります。
「ドメスティック・バイオレンス」とは何を意味するかについて、明確な定義はありませんが、一般的には「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力」という意味で使用されることが多いようです。ただ、人によっては、親子間の暴力などまで含めた意味で使っている場合もあります。内閣府では、人によって異なった意味に受け取られるおそれがある「ドメスティック・バイオレンス(DV)」という言葉は正式には使わず、「配偶者からの暴力」という言葉を使っています。(内閣府HPより)

DV(ドメスティック・バイオレンス)に関する連絡・相談先