ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

交通安全対策

更新日:2020年7月6日更新

市内交通事故発生状況(令和2年)

 こちらからご覧ください

交通事故発生状況(令和2年4月末) [PDFファイル/90KB]

交通事故発生状況(令和2年5月末) [PDFファイル/1.12MB]

 

運転中の歩行者保護について

 横断歩行中の交通事故は他の通行形態に比べて致死率が高く、高浜市でも平成28年に横断歩道を歩行中の高齢者が普通乗用車に跳ねられる死亡事故が発生しております。
 横断歩道は、歩行者にとって安全に道路を横断できるべき場所です!通行車両は、横断歩道を横断しようとする人や、横断中の人がいるのに停止しなかったり、横断を妨害した場合、横断歩行者等妨害等の交通違反になります!
 今一度交通ルールを振り返り、ご自身やご家族が悲しい交通事故の加害者とならないよう、歩行者保護を心がけましょう!!

チラシ

横断歩道を渡っている人や渡ろうとしている人がいたら止まってください[PDFファイル/295KB]

すべての座席のシートベルト・チャイルドシート着用徹底運動

 シートベルト・チャイルドシートは、事故にあった場合、身体の安全確保に大きな効果を発揮し、法的にもその着用が義務付けられています。
 しかし、シートベルト・チャイルドシートの着用率は、まだまだ、十分ではありません。
 そこで毎月20日の日を「シートベルト・チャイルドシートの日」として、強力かつ効果的にシートベルト・チャイルドシート着用徹底運動を展開することにより、交通安全意識の高揚を図ります。

チラシ

高齢者の運転免許証自主返納促進事業

 全国的に高齢者が加害者となる事故が多発していることを鑑み、高浜市交通安全協会が主体となり、平成29年5月22日から、運転免許証を自主返納された65歳以上の方に“すまいるカード2千円分”を贈呈しています。
 手続き方法など、詳しくはチラシをご覧ください。

チラシ

 運転経歴証明書を高齢者交通安全サポーターにおいて提示することにより、割引等の特典を受けることができます。特典が受けられる店舗は愛知県警察ホームページで確認できます。

外部サイトへリンク

愛知県警察「高齢者交通安全サポーター」一覧<外部リンク>

自転車運転に関し、道路交通法が改正されました

 平成27年6月1日より、危険な運転行為を繰り返す自転車の運転者には、交通違反切符を交付し、安全講習の受講が義務付けられました。子どもでも14歳以上は対象となります。
 危険な運転行為とは、たとえば「信号無視」「一時不停止」「遮断踏切立ち入り」「酒酔い運転」などの14項目の違反をさします。(リンク先参照)
 これらの違反を3年以内に2回以上繰り返す自転車利用者に講習の受講を義務づけ、未受講者は5万円以下の罰金刑が適用されます。(※平成27年6月1日以降の違反行為が対象となります。)
 自転車は重大な事故の加害者にもなりうる乗り物です。ルールを守り安全運転を心がけましょう。

自転車運転車講習の対象となる危険行為[PDFファイル/103KB]

自転車運転に関し、道路交通法が改正されましたの画像

交通安全キャンペーン

 年4回交通安全県民運動に合わせて様々な交通安全啓発事業を実施しています。

  • 春の交通安全市民運動 5月 10日~20日
  • 夏の交通安全市民運動 7月 10日~20日
  • 秋の交通安全市民運動 9月 20日~30日
  • 年末の交通安全市民運動 11月 29日~12月10日

交通安全キャンペーンの画像

ライト・オン運動(夕暮れ時の前照灯早めの点灯運動)

 日没前後の時間帯は、周囲の状況が確認しにくいという危険性があります。
 そこで、薄暮時の前照灯早めの点灯運動を全県的に推進し、県民一人ひとりの交通安全意識を高め、交通事故防止を図ります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)