ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 財務グループ > 平成21年度当初予算の概要

本文

平成21年度当初予算の概要

更新日:2019年9月13日更新

 平成21年度の一般会計、特別会計、企業会計を合わせた予算総額は、206億827万円で、前年度に対して6.4%の減となっています。

 一般会計は127億8,050万円で、前年度に対して4.0%の増となっています。
市民の皆さんと約束をしたマニフェスト事業を実現するとともに更なる構造改革により健全財政を堅持しつつ、「持続可能な自立した基礎自治体」を確立するため、市民の皆さんにとって真に必要な事業を「選択と集中」により厳選し、「財政健全化」を更に推進する予算編成としました。
 主な事業では、「地域にできることは地域で」をスローガンとした地域内分権推進事業において、吉浜まちづくり協議会拠点施設を整備していきます。
 また、4月より施行される「みんなでまちをきれいにしよう条例」を推進する体制を整備し、きれいで住みやすい地域社会の実現を目指します。
 さらに、教育環境の整備、向上を図るべく、高浜幼稚園園舎増築工事を行います。

高浜市の当初予算(平成21年度)

  予算額 前年対比
総額 206億827万円 6.4%減
一般会計 127億8,050万円 4.0%増
特別会計 67億5,295万円 8.3%減
企業会計 10億7,482万円 54.4%減

豆知識 予算とは

  • 予算
    一般に一定期間における収入・支出の見積りであると同時に支出額と支出の内容を制限する拘束力をもっています。
    予算は、市長が議会に提案し、議会の議決によって成立します。
  • 一般会計予算
    市の会計の基本となるものです。市税収入を主な財源として、福祉の充実や道路の整備など、市の基本的な施策に要する経費の合計です。
  • 特別会計
    特定の事業を行う場合、その特定の歳入を特定の歳出に充て、一般会計と別に経理する会計です。高浜市では、7つの特別会計があります。
  • 企業会計
    水道事業など民間企業と同じように、独立採算制を原則とする事業を経理する会計です。

一般会計の内訳

歳入(単位:千円) 前年対比
伸率(%)
歳出(単位:千円) 前年対比
伸率(%)
市税 7,949,498千円 △6.1% 議会費 169,891千円 △1.3%
地方譲与税 119,000千円 △8.5% 総務費 1,828,400千円 38.7%
利子割交付金 32,000千円 0.0% 民生費 3,814,605千円 2.0%
配当割交付金 15,000千円 △53.1% 衛生費 2,129,641千円 22.0%
株式等譲渡所得割交付金 5,000千円 △80.8% 労働費 44,851千円 6.2%
地方消費税交付金 444,000千円 13.3% 農林水産業費 115,006千円 15.9%
自動車取得税交付金 81,000千円 △28.9% 商工費 222,132千円 6.6%
地方特例交付金 80,000千円 14.3% 土木費 1,137,435千円 △14.4%
地方交付税 1千円 △100.0% 消防費 477,788千円 △0.2%
交通安全対策特別交付金 7,000千円 0.0% 教育費 1,368,125千円 △1.9%
分担金及び負担金 159,728千円 △8.7% 災害復旧費 4千円 0.0%
使用料及び手数料 245,281千円 △8.9% 公債費 1,442,621千円 △16.4%
国庫支出金 735,252千円 7.9% 諸支出金 1千円 △100.0%
県支出金 568,835千円 △6.2% 予備費 30,000千円 0.0%
財産収入 56,184千円 △21.7%      
寄附金 111千円 909.1%      
繰入金 1,185,885千円 134.3%      
繰越金 10千円 0.0%      
諸収入 422,715千円 35.3%      
市債 674,000千円 90.9%      
12,780,500千円 4.0% 12,780,500千円 4.0%

特別会計の内訳

  • 国民健康保険事業 29億6,403万円
  • 土地取得費 1億5,206万円
  • 老人保健 1,002万円
  • 公共下水道事業 12億4,800万円
  • 公共駐車場事業 2,806万円
  • 介護保険 20億1,093万円
  • 後期高齢者医療 3億3,985万円

企業会計の内訳

水道事業会計 10億7,482万円