ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市計画グループ > 木造住宅耐震シェルター等設置費補助制度

本文

木造住宅耐震シェルター等設置費補助制度

更新日:2019年11月5日更新

 過去の大地震では建物の倒壊により多くの方が犠牲となっており、特に耐震性が低いといわれている昭和56年5月31日以前に着工した木造住宅の耐震化を図ることが最も重要であるといわれています。
 しかし、建物全体の耐震改修を行うには、耐震診断結果や耐震改修工法により異なりますが、ある程度の費用が必要です。
 高浜市では、建物全体の耐震改修が困難な場合においても、建物内に安全な場所を確保し、ご自身やご家族の生命を守っていただきたいとの思いから、平成21年4月1日より耐震シェルターまたは防災ベッドの設置に対する、補助制度を創設しました。

1.補助対象となる建築物

 次のすべてに該当する住宅が対象となります。

  1. 昭和56年(1981年)5月31日以前に着工した木造住宅(一戸建て、長屋、共同住宅など)
  2. 高浜市が実施する無料耐震診断等の判定値が1.0未満(「倒壊する可能性が高い」又は「倒壊する可能性がある」)と判定された木造住宅
  3. 高浜市木造住宅耐震改修費補助金の交付を受けていない住宅

2.補助金の額

 世帯の状況に応じて、15万円もしくは30万円まで補助します。

世帯区分 対象 限度額
高齢者等非課税世帯

次のすべてに該当する世帯

  1. 申請時点で65歳以上の高齢者または障がい者を含む世帯
  2. 高齢者または障がい者が主として使用する部屋に設置する場合
  3. 世帯の生計中心者(所得の一番多い方)の前年分所得税が非課税の場合
※前年分所得税が課税されている場合も、耐震診断判定値が 0.4以下の場合は適用されます。
30万円
一般 高齢者等非課税世帯に該当しない世帯 15万円

※高齢者等以外の方が主として使用する部屋に設置する場合は、一般の世帯区分が適用されます。

3.補助を受けるための手続き

  1. 事前相談
    都市計画グループにご相談ください。
  2. 申請に使用する資料などの準備
    設置する耐震シェルターまたは防災ベッドの選定、見積書の徴収、写真および図面等の準備
  3. 補助金の申請
    高浜市木造住宅耐震改修費等補助金交付申請書[PDFファイル/103KB]を次の添付書類と一緒に、都市計画グループに提出してください。
    1. 木造住宅耐震診断結果報告書の写し
    2. 耐震シェルター等の設置前の写真
    3. 耐震シェルター等の設置費の見積書
    4. 案内図、配置図及び平面図
    5. 市税納税証明書
    6. 住宅を借りている者にあっては、賃借人の承諾書
      ※申請は必ず設置前に行ってください。設置後の申請は補助の対象になりません。
  4. 耐震シェルターまたは防災ベッドの設置<
  5. 耐震シェルターまたは防災ベッドの設置完了、検査
    高浜市木造住宅耐震改修工事等完了報告書[PDFファイル/70KB]を次の添付書類と一緒に、都市計画グループに提出してください。
    1. 耐震シェルター等の設置費の請求書または領収書の写し
    2. 耐震シェルター等の設置中および設置完了後の写真
  6. 補助金の交付請求
    高浜市木造住宅耐震改修費補助金交付請求書[PDFファイル/63KB]をご提出ください。
  7. 補助金の支払い
    指定銀行口座に補助金を振り込みます。

耐震シェルターとは

 地震発生時に、お住まいの住宅の倒壊から生命を守るための装置で、住宅内の一室に木材や鉄骨で強固な箱型の空間を作り、安全を確保するものです。設置場所は1階となります。

(イメージ)の画像1(イメージ)の画像2(イメージ)

防災ベッドシェルターとは

 耐震シェルターと同様に生命を守るための装置で、金属製のフレームなどで上部を覆い、ベッド内の人を保護し就寝中の安全等を確保するものです。設置場所は1階となります。

(イメージ)の画像3(イメージ)の画像4(イメージ)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)