ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民窓口グループ > 国民健康保険の届出

本文

国民健康保険の届出

更新日:2019年9月19日更新

国民健康保険に加入する人

 職場の健康保険に加入している人、生活保護を受けている人などを除いて、高浜市に住所のある人は、すべての方が国民健康保険に加入しなければなりません。

国民健康保険に関する手続き

 私たちは、毎日健やかに暮らしたいと思っていますが、いつ病気やけがをするかわかりません。
 国民健康保険(国保)は、加入者が日頃からお金を出し合うことによって、いつ病気やけがをしても、軽い負担で安心して治療が受けられ、皆さんの健康と明るい暮らしを守るための大切な制度です。
 次のような場合には、かならず14日以内に届出をお願いします。

こんなときは14日以内に届出を 届出に必要なもの
国保に
加入する
とき
他の市町村から転入したとき
  • 転出証明書
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 預金通帳もしくはキャッシュカード
  • 通帳に使用している印鑑
職場などの健康保険を脱退したとき
(社会保険の被扶養者からはずれたとき)
  • 職場の健康保険を脱退した証明書
    (離職票・退職証明書・健康保険喪失連絡票のいずれか)
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
  • 預金通帳もしくはキャッシュカード
  • 通帳に使用している印鑑
子どもが生まれたとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 母子健康手帳
  • 預金通帳もしくはキャッシュカード
  • 印鑑
    出産育児一時金として、上限42万円が支給されます。
生活保護を受けなくなったとき
  • 生活保護廃止通知書
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
国保を
脱退する
とき
他の市町村へ転出するとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
職場などの健康保険に加入したとき
(社会保険の被扶養者になったとき)
  • 国民健康保険被保険者証
  • 会社の健康保険の被保険者証
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
生活保護を受け始めたとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 生活保護開始通知書
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
死亡したとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 火葬許可証
  • 預金通帳
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
    喪主の方へ葬祭費5万円が支給されます。
その他 住所、世帯主、氏名などが変わったとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
世帯が別れたり、一緒になったとき
修学で子どもが市外に住むことになったとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 入学または在学証明書
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
施設に入所したとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 入所または在所証明書
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
退職者医療制度に該当しなくなったとき
  • 国民健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書
再交付

被保険者証を紛失・破損したとき

※ 屋外で紛失した場合、かならず警察にも届出をしてください。

  • 国民健康保険被保険者証(破損の場合)
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 顔写真付きの身分証明書

※ マイナンバーのわかるもの マイナンバーカード・通知カードなど
平成28年1月より、すべての申請書類に、マイナンバー(個人番号)の記載が必要です。

マイナンバーを利用して申請手続を行う際には本人確認が必要です。顔写真付きの身分証明書をあわせてお持ちください。
 国民健康保険税の納付は、原則として口座振替でお願いしています。
 外国人住民の方も国保に加入します。
高浜市に住民登録をしている方で3ヵ月以上在留資格がある場合は、国保の加入手続きが必要です。
届出のときは、在留カード・特別永住者証明書(外国人登録証明書)・パスポートをお持ちください。

加入の届出が遅れると

 国保への加入資格が発生した時点に遡って、保険税を納めてもらうことになります。

脱退の届出が遅れると

 国保の資格がなくなったあとで国保の保険証を使って診療を受けた場合、後日、国保で負担した医療費を返還してもらうことになります。