ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民窓口グループ > 未熟児養育医療制度

本文

未熟児養育医療制度

更新日:2021年4月1日更新

 出生時の体重が2,000g以下であるなどの状態にあって医師が入院養育を必要と認めたお子さん(未熟児等)に対して、入院中の医療費を公費で負担する制度です。

対象者

 市内に住所を有し、体重が2,000g以下である、保育器を使用する、交換輸血を必要とするなど、医師が入院養育を必要と認めた赤ちゃん。

助成の範囲

 指定された医療機関において行われる、診察、薬剤、手術等の医学的処置、看護等の費用
 ※所得に応じて、自己負担が生じます。自己負担分は、子ども医療費助成の対象となりますので、実質、医療機関の窓口での負担はありません。(未熟児養育にかからない食費やおむつ代、保険外診療など、一部助成対象外のものもあります)

 指定医療機関:近隣病院では、碧南市民病院、刈谷豊田総合病院、安城更生病院、藤田医科大学病院、西尾市民病院、半田市立半田病院など

申請方法

 次の1~6の書類等をご用意いただき、早めに申請してください。(1については、市役所の窓口にもご用意してあります。)
 退院すると申請ができません。お子さんの健康保険被保険者証ができる前であっても、かならず入院中に申請してください。
 また、3ヶ月程度を目途に養育医療券を交付しますので、養育医療券の有効期間を超えて入院される場合や、別の病院へ転院される場合は、再度、継続や転院の申請が必要となります。

※下線部をクリックすると様式をダウンロードできます。

1.養育医療給付(継続・変更等)申請書[PDFファイル/88KB]世帯調書[PDFファイル/89KB]

 様式は市民窓口グループでお渡しします。
 世帯調書は受給者のお子さんを含めて世帯全員を記入してください。

2.養育医療意見書[PDFファイル/101KB]

  お子さんが医療を受けている指定医療機関の医師に記入してもらってください。

3.世帯全員分の市民税額が分かる書類

 世帯全員分の市民税額が分かる書類(下表ア〜ウのいずれか)をご用意ください。
 なお、1~6月に申請される方は前年の1月1日現在、7~12月に申請される方はその年の1月1日現在、高浜市に住民票があった方は、書類の提出を省略できる場合があります。詳しくはお問い合わせください。

  書類の種類 入手方法
ア.市民税が課税されている方 市民税額の決定通知書

5〜6月ごろ、

勤務先より配布

または 住んでいた市町村より郵送

イ.市民税が非課税の方 市民税非課税証明書 住んでいた市町村で発行
ウ.生活保護を受けている方 生活保護受給証明書 受けている市町村で発行

4.お子さんの健康保険被保険者証

  退院すると申請できません。健康保険被保険者証ができる前でも、お子さんを扶養する方の健康保険被保険者証を持って申請にお越しください。

5.本人確認書類

届出先・受付時間

 市役所1階 市民窓口グループ
 平 日 午前8時30分~午後5時15分
 土曜日 午前8時30分~午後0時15分

自己負担額について

 世帯の所得に応じて一部費用の負担がありますが、子ども医療費助成制度の対象となるため、窓口での自己負担額はなくなります。

階層区分 世帯の階層区分   市民税所得割の年額 徴収基準月額(円)
生活保護受給者等   0
市民税非課税世帯   2,600
市民税均等割のみ課税世帯   5,400
市民税課税世帯 D1 15,000円以下 7,900
市民税課税世帯 D2 15,001~21,000円 10,800
市民税課税世帯 D3 21,001~51,000円 16,200
市民税課税世帯 D4 51,001~87,000円 22,400
市民税課税世帯 D5 87,001~171,300円 34,800
市民税課税世帯 D6 171,301〜252,100円 49,400
 
市民税課税世帯 D15 1,423,501円~ 全額

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)