ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民窓口グループ > 学生納付特例制度について教えてください。

本文

学生納付特例制度について教えてください。

更新日:2021年3月31日更新

【Q】質問 学生納付特例制度について教えてください。

【A】回答 学生の間は、収入が無かったり少なかったりしますので、保険料を本人が納めるのは困難と考えられます。そこで、20歳以降の在学期間中の保険料の納付を猶予し、社会人になってから納めることができる制度です。学生納付特例制度を利用される方は手続きが必要となります。

手続に必要なもの
年金手帳、学生証の写し(有効期限がはいっているもの)または在学証明書、届出人の身分証明(マイナンバーカ−ド、運転免許証など)、代理人の場合は委任状が必要になります。
 (注)失業などにより、免除申請を行う場合は、雇用保険の「雇用保険受給資格者証」または「離職票」などの写しも必要になります。