ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民窓口グループ > 国民年金をもらうときの届け出について教えてください。(60歳から64歳繰上げ請求)

本文

国民年金をもらうときの届け出について教えてください。(60歳から64歳繰上げ請求)

更新日:2022年4月1日更新

【Q】質問 国民年金をもらうときの届け出について教えてください。(60歳から64歳繰上げ請求)

【A】回答 国民年金の老齢基礎年金は65歳から受けるのが基本です。本人が希望すれば60歳から受けることができます。この場合、受ける年金額が65歳から受け始める年金額に比べ減額されます。
 減額率は、受給を希望し請求した月から65歳になる月の前月までの月数に応じて1か月減るごとに0.4%(注)ずつ低くなります。繰上げ請求を行う月によって減額率は異なります。
 なお、減額は一生続き繰上げ請求後は障害基礎年金や寡婦年金が受けられないなど、制限がありますのでご注意ください。

(注)令和4年4月以降、繰上げ受給の減額率が1か月あたり0.5%から0.4%に変更されました。
  適用対象は、令和4年3月31日時点で、60歳未満の方です。(昭和37年4月2日以降生まれの方)

  令和4年3月31日時点で60歳以上の方は、令和4年4月1日以降も1か月あたり0.5%の減額率となります。