ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康推進グループ > 男性の風しん抗体検査・予防接種

本文

男性の風しん抗体検査・予防接種

更新日:2021年4月5日更新

男性の風しん抗体検査・予防接種について

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。
 そのため、令和4(2022)年3月31日までの3年間に限り、この世代の男性を対象に、風しん抗体検査・予防接種を公費で実施します。

 風しんは、感染者の飛沫などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が感染すると、胎児に先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障がいが出ること)を引き起こすおそれがあります。
 無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。 

 

対象者

 高浜市に住民登録がある、昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日の間に生まれた男性

 

実施期間

 令和4(2022)年3月31日まで

 ※令和元年度にお送りしたクーポン券は、有効期限が「2020年3月」と記載されていますが、2022年3月まで使用できます。

 

抗体検査の受け方

 抗体検査は次のいずれかの機会で受けてください。

 (1) 勤務先での事業所健診の機会を活用した抗体検査
 (2) 市がおこなう特定健診等の機会を活用した抗体検査
   国民健康保険加入者は、医療機関で実施する特定健診で受けられます。
   総合検診・成人ドックの機会にも受けられますので、予約時にお伝えください。
 (3) 医療機関における抗体検査
   下記の実施医療機関へ予約し、抗体検査を受けてください。

 ※平成26年4月以降に受けた抗体検査の検査記録があり、風しんの「抗体の量が十分でない」という結果をお持ちの方は、結果を医療機関にご提示ください。抗体検査を行わずに予防接種を受けることができます。

 

予防接種の受け方

 抗体検査の結果、抗体が十分でないと判定された場合は、下記の実施医療機関へ予約し、予防接種を受けてください。

 

持ち物

 ・クーポン券

 ・健康保険証

 ・予防接種を受ける場合、抗体検査結果通知​

 

費用

 抗体検査・予防接種ともに 無料

実施医療機関

 全国の実施医療機関

   風しんの追加的対策について(厚生労働省)(外部リンク)<外部リンク>

 高浜市内の実施医療機関

(五十音順)

実施医療機関名 電話 実施医療機関名 電話
磯貝医院 53-0013 辻こどもクリニック 52-9990
岩井内科クリニック 54-1019 つばさクリニック 54-5283
岩月外科内科クリニック 53-3458 寺尾内科小児科 53-0073
近藤医院 53-0029 中沢内科クリニック 54-0606
泰生医院 52-1001 増田耳鼻いんこう科医院 52-3030
高浜愛レディースクリニック 54-5161 吉浜クリニック 52-5110
高浜豊田病院 52-5522