高浜市役所各グループのページ総合政策グループ>市制施行50周年



2020年に高浜市が市になって50年を迎えます!


〜高浜市市制施行50周年〜

 

 高浜市は、1970121日に碧海郡高浜町から高浜市となり、2020121日に市制施行50周年を迎えます。

 半世紀の時を経て、高浜市として次の50年を築き、100年を迎えていくための新たなスタートを切るため、これまでの50年間、高浜市を支えてきた先人たちの想いをこれからの50年を創っていく世代に伝えていくため、高浜市50周年記念事業を実施します。



基本方針

 50周年を迎えるにあたり、実施していく記念事業への考え方を示しています。

  市制施行50周年の基本方針(PDF:1009KB)



緒に盛り上げてくれるメンバーを募集しています。

 50周年を迎えるにあたり、記念する取組みを一緒に考え、実行してくれるメンバーを募集しています。メンバーは、「若者会議」「女子−ズ」「大人チーム」の3つのグループに分けて募集をいたします。たくさんの方のご参加をお待ちしています。
 募集の内容や申込み方法の詳しくは、チラシをご覧ください。


 ☆随時募集中!!
  50周年を一緒に盛り上げてくれる方を大募集(PDF:772KB)


 ※このイラストは、愛知県高浜市を舞台にした鬼瓦職人“鬼師”を目指す職人女子の物語「さんかく屋根街アパート」(講談社より出版)の作者:藤末さくらさんに描いていただいたイラストです。



市民会議50開催状況

 市制施行50周年に向けてアイディアやその実現について検討していきます。

開催日 場所 開催内容(概要)
第1回 平成31年3月16日(土)14:00〜 いきいき広場ホール PDF(205KB)
第2回 平成31年4月13日(土)10:00〜 いきいき広場ホール PDF(749KB)

※市民会議にまだ申込みしていないという方も、当日申込みも可能ですので、ぜひご来場ください。


キャッチフレーズ

 市制施行50周年を迎え、盛り上げていくるにあたり、実施していく記念事業への考え方を示しています。



 
ちょうどいいまち ちょっといいまち

 
これまでも これからも


☆キャッチフレーズとシンボルマークについて(PDF 320KB)


シンボルマークの募集

 これからの高浜市を担う世代の人たちが、未来に希望をもって次の50年を築きあげていくためのシンボルマークのデザインを募集したところ、104点のご応募をいただき、その中から決定をいたしました。


制 作 者 木村 夏歩さん(沖縄県)
制作者の想い 高浜市が掲げている将来都市像「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」を元にデザインしました。人々が手をつないで丸くなっている姿は、協力や希望、明るい未来が連想されます。
またカラフルな色づかいによって老若男女すべての人という多様性を表現しました。人の形は高浜市の「T」をモチーフにしています。
50周年記念ということで、5放射相称のデザインに仕上げました。
シンプルなため、白黒でも拡大しても視認性が高いシンボルマークになっています。





※シンボルマークの募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。


応募資格 どなたでも応募いただけます。個人・団体は問いません。
応募方法 所定の応募用紙に必要事項を記入し、作品とともに郵送、持参または電子メールで応募してください。応募用紙は下記よりダウンロードできるほか、市役所(総合政策グループ)、いきいき広場で配布します。
※詳細は下記のシンボルマーク募集要項をご覧ください

【持参・郵送の場合】
 市役所2階企画部総合政策グループまで郵送または持参してください。

 (郵送・持参先)
  〒444−1398 愛知県高浜市青木町四丁目1番地2
  愛知県高浜市役所企画部総合政策グループまで
 ※データをCD-Rなどの電子媒体に収めて持参・提出ください。

【電子メールの場合】
 応募用紙ファイルと作品データを添付し、下記アドレスまで送信してください。
 (メールアドレス)seisaku@city.takahama.lg.jp   
≪応募用紙≫  応募用紙(Word: 17KB)(PDF: 86KB)
≪募集要項≫  シンボルマーク募集要項(PDF: 434KB)
応募期限 平成31年1月31日(木)【必着】
募集内容 1)高浜市のこれからを担う若者たちが、高浜市の未来に希望を持てるような表現であること
2)シンボルマークは2021年以降の「市制50周年」が終了した後も、若者支援事業のシンボルマークとして活用していきますので、どちらで使用しても違和感のないデザインとしてください。
採用されたら デザイン謝礼(1点) 5万円

※シンボルマーク(案)として採用された応募者の方には、改めて、正式にシンボルマーク作成を依頼させていただき、デザイン謝礼をお支払いいたします。
※採用された方が未成年の場合は、作成依頼をさせていただくにあたり、保護者の同意書が必要です。
応募条件 1)作品はJPEG、PNGのいずれかの画像形式で提出してください。
2)応募点数の制限はありません。
3)作品は未発表のものにかぎります。また著作権や商標権、その他の第三者の権利を侵害する恐れがないものとしてください。他人の作品に類似しているもの、他人の諸権利に抵触するものは採用後であっても採用を取り消す場合があります。
4)彩色は自由ですが、モノクロでの使用も考慮してください。また、拡大、縮小しても使用に耐えられるデザインにしてください。
5)応募にかかる費用は、応募者の負担とします。
6)応募作品は採用・落選に関わらず返却しません(採用は1点のみ)
7)選考経過に関する問い合わせには対応できません。
8)データサイズは5MB(メガバイト)未満となるようにしてください。
9)採用作品は、一部補作して使用する場合があります。この際、補作について調整のため連絡をさせていただくことがあります。
10)著作権の取扱いに関し、採用されたシンボルマークに係る一切の権利(著作権法第27条及び第28条)はすべて高浜市に帰属するものとします。また採用されたシンボルマークに関して著作者人格権を行使しないものとします。採用後、シンボルマークのデザイン依頼をさせていただく際、作者と高浜市は、著作権譲渡契約を締結するものとします。
11)応募者の個人情報は許可なく第三者に開示はしません。ただし、採用決定者の氏名、住所(市町村名)までは市のホームページで公表します。
12)応募の時点で、応募条件に同意いただいたものとします。



アイディア大募集

 市制50周年を記念して「こんなことを実施してほしい!」「これをやったらおもしろいのでは?」といった市への提案や、市民や団体で「こんなことをしてみたい!」といった素敵なアイディアを募集した結果、18のアイディアをいただきました。


☆アイディア一覧(PDF 378KB



※アイディアの募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

応募資格 高浜市に在住、在勤、在学の方。個人・団体は問いません。
応募方法 所定の応募用紙に必要事項を記入し、下記提出先まで提出してください。
応募用紙は下記よりダウンロードできるほか、市役所(総合政策グループ)、いきいき広場で配布します。
なお、1人につき何件でも応募できますが、応募用紙1枚につき、提案は1件のみとさせていただきます。

(提出先)
 【持参・郵送の場合】
  市役所2階企画部総合政策グループまで郵送または持参してください。
  (住所)〒444−1398 愛知県高浜市青木町四丁目1番地2
      愛知県高浜市役所企画部総合政策グループまで
 【電子メールの場合】
  応募用紙ファイルを下記のアドレスまで送信してください。
  (メールアドレス)seisaku@city.takahama.lg.jp
 【FAX】
  応募用紙を下記まで送信してください。
  0566−52−1110
≪応募用紙≫  応募用紙(Word: 17KB)(PDF: 113KB)
応募期限 平成31年1月31日(木)【必着】
募集内容 こんなアイディアをお待ちしています。
○市制50周年という節目の年に実施する取組みとして意義があるもの
○幅広い年齢層に参加してもらい、広く社会的利益を生みだす取組み
○高浜市を広くPRし、高浜市の魅力を知ってもらうことができる取組み
そ の 他 ○市制50周年を記念するアイディア募集についての謝礼はありません。ご了承ください。
○ご提案いただいたアイディアは、50周年を記念する取組みを検討するための“参考”とさせていただきます。実施を約束するものではありませんので、ご了承ください。
○採用されたアイディアに関する一切の権利は、市に帰属することとします。
○採用されたアイディアは、広報たかはまやHPにおいて公表させていただきます。





問合せ先

  

 高浜市役所 総合政策グループ (0566)52-1111
 E-mail:seisaku@city.takahama.lg.jpお願いとご注意>