高浜市役所各グループのページ保健福祉グループ>在宅福祉サービスについて


在宅福祉サービスについて

ひとり暮らし高齢者・高齢者世帯向けサービス
事業名 内容 費用など
配食サービス 65歳以上のひとり暮らし高齢者・高齢者世帯の方で、身体的な理由等で調理が困難な方などを対象に、夕食をお届けします。
※事前に食のアセスメントを経たうえでの利用決定となります。
配食サービス 350円
見守り配食サービス 450円
軽度生活援助サービス 要介護等の状態でない65歳以上のひとり暮らし高齢者・高齢者世帯の方に散歩、買物、寝具類の日干し、身の回りの整理整頓など、日常生活の支援を行います。 1回 200円
 (1回あたりの活動時間は1時間程度です)
 (活動は月10回までです)
生活管理指導短期宿泊 65歳以上のひとり暮らし高齢者などで、基本的生活習慣の習得が必要な方に、ケアハウス高浜安立で1週間程度、宿泊しながら自立した日常生活の継続を支援します。 1泊 200円
(食事代は除きます)
日常生活用具の給付 65歳以上のひとり暮らし高齢者などに、電磁調理器などの用具を給付または貸与します。
 給付:電磁調理器・自動消火器・火災警報機
所得に応じて負担があります。
緊急通報装置の設置 おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者などで、疾病など身体上の理由により日常生活に不安のある方の、緊急事態における安全を確保するため、緊急通報装置を貸与します。 無料
(通話料金は本人負担です)
家具転倒防止器具の取り付け おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者などに、地震時の家具転倒による事故防止を図るため、器具を取り付けます。 無料
(材料費として、1組500〜1500円程度必要です)
独居高齢者などの見守り ひとり暮らし高齢者などで見守りが必要な方を、シルバー人材センターの見守り推進員が定期的に訪問し、安否を確認します。 無料



その他のサービス
事業名 内容 費用など
徘徊高齢者探知支援サービス 徘徊行動のある高齢者を介護している家族の方に、位置を探索できる端末を貸し出します。 年間 600円
(位置情報の検索は、別途費用が必要です)
民間賃貸住宅家賃助成 民間の賃貸住宅にお住まいの方で、建て替えまたは取り壊しによる明け渡しを求められている方に対し、新たな入居先の家賃を助成します。 新たな入居先の家賃(家賃が4万円を超えるときは4万円)と、明け渡し前にに居住していた住宅の家賃との差額を助成します。
生活支援員 物忘れなど判断能力に不安のある方が安心して生活できるよう、生活支援員が福祉サービスの手続や利用料の支払を支援します。 無料
成年後見制度 認知症などにより判断能力が不十分な方を保護し、支援するための制度です。家庭裁判所によって選ばれた成年後見人などが、本人の利益を考えながら、介護サービス等の契約を結んだり、不動産や預貯金等の財産を管理します。  ―
リバースモーゲージ制度 市内に土地・建物(一戸建て)を所有し、そこにお住まいの高齢者の方に、その土地・建物を担保にして、在宅生活に必要な資金の融資を協力金融機関にあっせんするとともに、融資に伴って生じる利子相当額を、市が無利子でお貸しします。  ―



生きがい活動
事業名 内容
いきいきクラブ活動 おおむね60歳以上の方によって地域ごとに組織された、会員制の自主活動団体です。教養講座の開催、健康推進事業、社会奉仕活動、友愛活動など幅広い活動を行っています。
老人憩の家 おおむね60歳以上の方が、仲間づくりや楽しく憩える場所として、市内に9ヶ所設置しています。
ふれあい福祉農園 おおむね60歳以上の方に、生きがいと健康増進の機会を提供するとともに、保育園児等とのふれあいを深められるよう、畑での野菜づくりや園児との会食を行っています。
生きがいセンター 60歳以上の方の健康保持や社会参加を目的として設置しています。就業機会の提供をするとともに、趣味・教養の講習を行う場としても利用できます。
生きがい教室 高齢者の生涯学習の機会として、おおむね60歳以上の方を対象に、保健講話・教養講座・社会見学などを、毎年5月〜11月の間に開催しています。



保健事業
事業名 内容
お元気ですか訪問 健康診査時に実施する「お達者問診票」の結果、介護予防サービスの紹介が必要と思われる方のお宅を、保健師や看護師が訪問します。
認知症予防相談 認知症を心配している方や、その家族の方を対象とした相談です。
 【受付時間】平日    8:30〜19:00
         土      8:30〜17:00



問合せ先

  

 高浜市役所 保健福祉グループ (0566)52-9871
 E-mail:hoken@city.takahama.lg.jpお願いとご注意>