高浜市役所各グループのページ文化スポーツグループ>子ども市民憲章について

たかはま子ども市民憲章について

たかはま子ども市民憲章は、平成15年11月1日に制定されました。平成20年度より、公募委員による「子どもと大人の関係を考える委員会」を開催し、子ども市民憲章を普及するため、笑顔の写真展の開催や広報での活動紹介、啓発用の冊子の作成など、さまざまな活動を行っています。

子ども市民憲章制定について / たかはま子ども市民憲章(全文) / 笑顔の写真展作品募集 / 啓発事業

子ども市民憲章制定について

高浜市では、市内に暮らすすべての子どもが主体的に社会に参画し、子どもの自己実現が図れるよう支援するとともに、子どもの権利擁護の推進を図るため、平成14年10月に子ども憲章づくり検討委員会を設置し、憲章づくりに向けた検討を行ってきました。平成15年6月には、中間(案)の段階で、パブリックコメント(市民意見の募集)を実施し、23件のご意見をいただき、中間(案)の一部修正を行った上で、市長に対して最終答申が行われました。

その内容については、幼いころより子どもの意見表明や参加の機会を保障し、自分の将来や地域の問題について関心を高め、将来の高浜を担う市民の育成が大切であるという考え方のもと、次の特色があります。

地域をともに支える市民として子どもを登場させたこと

子ども自身の考えと言葉によって、憲章化が図られたこと(※)

※ 憲章の「子どもからのメッセージ」部分の作成については、憲章づくりのための子どもワークショップ(参加型講習会)を開催しています。ワークショップでは、168人(ひろば)委員会子どもグループが実施したアンケートを基に憲章案が作成され、子ども案をほぼ原文どおり採用しました。


たかはま子ども市民憲章(平成15年11月1日制定)

【前文】

わたしたちは、国連・児童(子ども)の権利条約の理念をふまえ、人間性豊かで誇りの持てる高浜を創っていきます。そのためには、子どもとおとなが市民として、互いの意思と力を尊重し、理解を深め合うことが大切です。そこでわたしたちは、現在及び未来の高浜のまちを支え合っていくために、ここに「たかはま子ども市民憲章」を定めます。


【子どもから】

1 みんな幸せになる権利がある。だから、自分の心を閉ざさないで。短所も、別の見方をしたら長所かもしれない。自分のことをもっと好きになって楽しもう!
2 わたしは世界でただひとり、だから大切。あなたも世界でただひとり、だからやっぱり大切。お互い大切なんだから、いやがることはしないようにしよう。
3 学校の勉強だけが学ぶことじゃない。遊びからも友達からもたくさん学ぶことができる。だから遊びと友達を大切に。もちろん勉強も大切!
4 けんかはほどほどに。けんかもそんなに悪いことじゃない。けんかから学ぶことだってあるしね。
5 怒りたくてもすぐにださない。趣味や夢をみつけて発散しよう!それでもイヤなことがあったら「ムカつく」の一言で終らせないで、自分の感情をもう少し細かい言葉で表現してもいい。
6 ひとりで悩んだりしないで、だれかに助けを求めたっていい。別に恥ずかしいことじゃないからさ。
7 なんでも今、自分が「一番」とは限らない。でもそれに近づくようにがんばって上をめざしていこう。自分らしい、自分なりのがんばりで、コツコツ コツコツ少しずつでいいよ。
8 何事にも全力投球! でも気楽に行こう。チャンスはいつもそばにある。

【おとなから】

1 自分を大切にし、希望をもって生きる姿勢を示していきたい。
2 どの子どももみんな一人ひとり違います、その違いをその人の豊かさとして受けとめます。
3 子どもが自分と周りを変える力をつけるために学び、活動していくことを支援します。
4 完全さを求めず、子どもが自分を出せるようにゆとりと寛容さをもって接します。
5 子どもに愛情を持って接し、干渉しすぎたり、ひとりで背負い込まないで、地域の人びととともに子どもの自治を支え、楽しく子育てを進めます。
6 子どもが安心して集い、交流し、ありのままの自分を出せるような居場所を子どもとともに創っていきます。
7 いじめや虐待など権利侵害を受けることなく、子どもが安心して生活できるように、いつでも相談でき、救済・回復できるようなしくみを整えるよう努めます。
8 子どもとともに、民族的、国民的、宗教的な偏見を持つことなく、相互の理解、寛容の精神のもとで、地球市民として日本と世界の平和を願い、この世界から戦争や争いがなくなるように努めていきたい。

たかはま子ども市民憲章全文(PDF形式:115KB、新しいウインドウが開きます。)

「笑顔の写真」〜みんなの笑顔に会いたい〜

   【子ども市民憲章を知る週間行事】
子どもと大人の視点、違うことって結構ありますよね?
さまざまな視点で、写真を撮ってみませんか?
思いがけない写真が撮れているかもしれませんよ!
そんな笑顔の写真で町を飾れたら、素敵でしょうね

高浜市では、家族や地域でのコミュニケーションを深めるきっかけ作りとして、みなさんの笑顔がいっぱいの写真を募集しています!

【募集概要】

 ・8月から9月:作品を募集。
 ・10月から11月:市内展示や市広報に掲載。

 応募作品の人気投票を行い、受賞者には記念品が贈呈されます。


子ども市民憲章啓発事業

子ども市民憲章を広く知っていただくため、啓発冊子を発行し、市内各所へ設置しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。


【文化スポーツグループ】
〒444-1334 愛知県高浜市春日町五丁目165番地
TEL:(0566)52-1111 FAX:(0566)52-7918
内線番号:300 330 331
Eメール:bunka@city.takahama.lg.jp
いきいき広場3階<いきいき広場マップ